失敗しないアウトドアウェアの選び方 – インナー編

アウトドアウェアといえば、アウターに注目しがちですが、じつは、「暑さも寒さもインナー次第」なのです。

インナーは基本的には、他人からは見えないウェアなので、ついをコスト優先させてしまいがちですが、本格的な登山などでは、その選択が大きな意味を持ってきます。

そもそも、すでに本格的な登山をされている方は、ここに書かれている知識は常識だと思いますので、この記事では、「アウトドアに興味がわいたけど、ウェアの選び方が分からない」という方に向けて書いていきます。

アウトドアといっても、何も高い山に登るだけがアウトドアではありません。

たとえば、

「外での仕事」、「お子さんのクラブ活動の応援」、「神社仏閣めぐり」など、アウトドアウェアの知識は、日常生活においても、大いに役に立つものです。

別の記事でも書きましたが、神社参拝でも、奥宮への参拝ともなれば、それはもう、立派な登山です。

軽い気持ちで登ると、けっこう痛い目に合います。

三峯神社 奥宮参拝は登山のつもりで!装備を整えて安全に登ろう!

それでは、まずは、意外と重要なインナーについて学んでいきましょう。

🔳 暑さ寒さもインナー次第

アウトドアにおいては、「暑さ寒さもインナー次第」と言っても過言ではありません。

インナー選びのポイントは、「素材と機能とコスト」です。

□ インナーの素材・性能・コスト

インナーの素材といえば、肌に優しい天然素材がいいというのは、間違えではないのですが、たとえば、本格的な登山となると、コットン(綿素材)は、NGです。

アウトドア用のインナーに求められるのは、夏であれば「速乾性」、冬であれば「吸湿性」、「保温性」などです。

天然素材であっても、シルクには「速乾性」、ウールには「保温性」などがあり、アウトドアにも使えるのですが、それらは、コスト的にやや高くなる傾向にあります。

一方、コットン(綿)は、着心地はいいのですが、おわかりの通り、「速乾性」や「保温性」などの機能は、あまり期待できません。

コスト的に、「シルクやウールなどの天然素材でもOK!」という方は、それらを選ぶのもアリだと思います。

また、自然派志向の方は、化学繊維をあまり好まないかもしれません。

しかし、アウトドアで揃えなくてはいけないウェアやギアは、結構たくさんあります。

また、アウターになると、インナーとは違い、今度は他の人から見える部分になるので、デザイン性やブランドなどにもこだわりが出てきます。

それらは、もとの値段がインナーよりも金額のゼロが増えてしまいますが、こだわると値段は、さらに高くなります。

ということで、インナーだけで活動できるものではありませんので、アウターや靴、ザックなどにもお金が必要であることも考えて、インナーを選ぶといいのかなと思います。

□ 化学繊維インナー

肌が弱い方、敏感な方以外は、高機能で低価格な、化学繊維のインナーに頼るのが一般的です。

近年の化学繊維インナーは、技術の進歩で、着心地もかなりよくなっており、それでいて機能的に、肌をドライに保ち、ムレによる暑さや、汗冷えによる寒さなどから身体を守ってくれます。

また、いまでは、冬用の化学繊維インナーであれば、発熱素材なども一般的になっています。

加えて、マッサージ効果などのサポート機能付きインナーや、菌の繁殖を抑える制菌防臭インナーなど、化学繊維ならではの、高機能がアウトドアでは大いに活躍します。

氷点下の寒さでは、じっとしていれば、どれだけ着ていても寒いかもしれませんが、いざ、背中に荷物を背負って、山にでも登ろうものなら、あっという間に暑くなります。

そして、その熱や汗の処理がうまくできないと、ムレや汗冷えなどがおこり、アウトドアで快適に過ごすことは難しくなります。

本格的な雪山登山で遭難なんてしようものなら…

そこまでのアウトドアは、考えていなくても、最低限の機能性をもったインナーを選びたいものです。

また、インナーのいいところは、レジャーなどのアウトドア以外でも使えるということです。

外での仕事が多い方は、そのまま毎日使えます。

そう考えると、こだわりの天然素材(シルク・メリノウールなど)をチョイスして、毎日、快適に使うのもアリかもしれません。

🔳 ファストファッション系

化学繊維のインナーといえば、真っ先に思い浮かぶのが、いまやすっかりお馴染みとなったユニクロの「ヒートテック」や「エアリズム」などではないでしょうか?

ユニクロだけでなく、多くのファストファッション系(ワークマン、しまむらなど)でも、機能性をうたった化学繊維インナーは売られていて、愛用している方も多いと思います。

では、

「それらで十分なのか?」

「それらが、どこまでアウトドアで通用するのか?」

ということですが、ファストファッション系ブランドのものは、コストや普段使いでの着心地が優先されている部分があり、アウトドアブランドの高機能インナーに比べると、機能が犠牲にされていますが、それは仕方がないことです。

そのかわり、アウトドアブランドのものよりも、価格は安くなります。

そもそも、想定される商品の使い方が違うので、どのようなシチュエーションで着用するのかによって選ぶしかありません。

だだ屋外で立っているだけなら、汗をかくことはありませんが、登山となると話が変わってきます。

大量の汗をかいた後、汗冷えをおこせば、低体温を起こしかねないので、活動的なアウトドアを楽しみたいのであれば、アウトドアブランのものを選んでおいたほうが安心です。

それに対して、それほど汗をかく心配のない、ライトなアウトドアやキャンプ、普段の仕事やレジャーであれば、ファストファッション系の化学繊維インナーを選ぶのもアリかと思います。

ただ、いざ山に登ってみると、思ったよりも暑くなり、汗をかきますので、山に登る可能性があるのであれば、保険だと思ってアウトドアブランドのインナーを選んでおいたほうが安心です。

アウトドア慣れした人の話として、冬に「ヒートテックインナー」は、暑くなりすぎる。

そのため、汗を逃がすために、冬でも夏用の「エアリズム」のインナーを着用する人がけっこういるそうです。

大量にかいた汗は、一気に体温を下げることにつながります。

速乾性がないウェアが、雨などで濡れてしまった場合も同様です。

かつて、パタゴニアの先住民は、「寒いから服を着る」のではなく、反対に「寒いから服を着ない」という選択をしていたそうです。

冬のアウトドアだからといって、ただ暖かくなればいい、というインナー選び(極暖ヒートテックなど)は、やめておいたほうが良さそうです。

インナーで重要視するべきは、寒さ対策ではなく、汗やムレ対策と心得ましょう。

寒さは、その上のウェアで調節すればいいのです。

🔳 おわりに

アウトドアに興味がでてくると、当然、それなりの格好をしたくなります。

山に登ってみると、きちんとした服装と装備で登っている人がほとんどです。

大自然をナメてかかると、ときには命の危険もあります。

靴やアウターも当然、重要ですが、まずは、インナーについての知識を持っていて損はありません。

なぜなら、普段の生活でも使える知識だからです。

最後に、アウトドアウェアの基本は、「レイヤリング」といって、いわゆる「重ね着」です。

そして、今回学んだアンダーウェアやロングスリーブTシャツなどの、インナーウェアのことを、「ベースレイヤー」と呼びます。

その上に、「ミドルレイヤー」や「アウターレイヤー」を重ね着して、体温調整をするのが、アウトドアにおけるウェア選択の基本です。

【関連記事】
→ ユニクロの「ヒートテック」タイツは寒い!最強インナーはモンベルの「ジオライン」だった!
【レイヤリング】失敗しないアウトドアウェアの選び方 – ミドル&アウター編

→ 失敗しないアウトドアウェアの選び方 – ボトムス編
→ アウトドアウェアはどこで買う?ワークマン・ユニクロ・無印良品はアウトドアで使えるのか?
→ ゴアテックス(レインウェア)のメンテナンスと保管方法 〈洗濯・撥水加工・熱処理〉
→ モンベルはアウトドア初心者にオススメ!ウェア選びで迷ったらモンベルストアへ!

◆ 誰かの役に立ちそうだと思ったら、シェアして頂けると嬉しいです!