モバイルバッテリー おすすめは軽いモデル!大容量モデルがおすすめでない理由とは?

いまや、子供から高齢者まで、多くの人が持っているスマホを持っています。

そんな、スマホを外で使用するにあたって、

もはや、モバイルバッテリーは必需品です!

あらゆることに活躍してくれるスマホですが、その分、すぐにバッテリーがなくなります。

使い方によっては、スマホのバッテリーは、半日も持たないかもしれません。

バッテリーがなくなったスマホは、使い物になりません!

そのため、外でスマホを存分に使えるようにするためには、モバイルバッテリーは、必需品になります。


■ おすすめのモバイルバッテリー

モバイルバッテリーにも、さまざまな種類がありますが、その日のうちに、車や宿泊先で充電できるのであれば、スマホを1〜2回フル充電できるくらいの、軽量・コンパクトなモデルがオススメです。

□ RAVPower 6700mAh モバイルバッテリー

軽量・コンパクトなモデルで、おすすめなのが、こちらのモバイルバッテリーです。(2018年現在)

こちらのモバイルバッテリーは、

ポケットに入るサイズで軽量な、いま買うべきモバイルバッテリー!

として、テレビに紹介されたこともあります。

みかん1個ほどの超軽量ボディ(約124g)と、チョコレートの、スニッカーズほどのコンパクトサイズ(9 x 4 x 2.5 cm) で、毎日持ち運んでも全然負担にならない、軽量でコンパクトなモデルです。

充電回数の目安は、メーカーによると、

galaxy s8を1.3回、iPhone8を約2回、iPhoneXを約1.5回程度の充電が可能。
iPad mini 4にも80%まで充電できる。

というスペックです。

□ Anker Astro E1 5200mAh 超コンパクト モバイルバッテリー

もう一つ、おなじみのアンカー製のモバイルバッテリーも人気が高いモバイルバッテリーです。

どちらのモデルも人気ですので、2台を買って使い比べてみるのも、いいかもしれません。

重さは、たったの1gしか変わりません。

こちらのモバイルバッテリーは、

小さなアイスキャンディほどのサイズ(約9.6 × 4.3 × 2.2cm, 125g)で、ポケットに完璧に収まります。

充電回数の目安は、メーカーによると、

大容量:iPhone 8に約2回、iPhone 8 PlusやXperia XZsやGalaxy S8等にも1回以上の充電が可能です。

という感じで、先ほとの「RAVPower」の商品とほぼ同等です。

日帰りや一泊での使用であれば、これくらいの容量で十分だと思いますが、スマホ以外にも充電するものがあったり、容量的にもう少し欲しい場合は、大容量のモバイルバッテリーもあります。

現在、調査中ですが、『RAVPower 6700mAh モバイルバッテリー』よりも、こちらの『Anker Astro E1 5200mAh 超コンパクト モバイルバッテリー』のほうが、おすすめかもしれません。
その理由は、結果が出次第の報告になります。

□ cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー

大容量のモバイルバッテリーとしては、このようなモバイルバッテリーがありますが、あまりおすすめはしません。

その理由は、のちほど書きます。

こちらのモバイルバッテリーは、

メーカーによると、回数の目安は、

iPhone 5sを約5 回、iPhone 6を約4 回、iPhone 6 Plusを約2.7 回、iPhone 7を約 4.5回、iPad mini 3を約1.2 回、iPad Air 2を約1.0 回、GALAXY S5を約2.8 回、Xperia Z3を約2.5 回充電可能

です。

そして、

サイズは、99.2 x 8 x 2.3 cm
重さは、322 g。

というスペックです。

■ 大容量モデルがおすすめでない理由

大容量モデルのモバイルバッテリーをみて、大は小を兼ねる!と思った方も多いかと思いますが、

こちらのモバイルバッテリーは、想像以上に重いです!

先程の軽量・コンパクトモデルに比べて、およそ2.6倍の重さです!

しかし、こちらのモバイルバッテリーは、2ポートありますので、2台の端末を同時に充電できるというメリットはあります。

また、

「モバイルバッテリーのバッテリーがなくなるかもしれない…」

という心配は、それほどありませんので、持っていることによる安心感は大きいです。

それらを考慮しても、この重さは、ちょっと持ち運ぶには勇気がいります。

■ 私の提案

そこで、私の提案としては、

もしも、大容量モデルのモバイルバッテリーを購入するのであれば、

少々、金額的に高くなりますが、

軽量・コンパクトなモデルを2台買う!

という選択肢も、私はアリだと思います!

そのほうが、普段遣いのときに、絶対に便利です!

2台あれば、2ポートになりますので、金額的に高くなるという以外に、マイナス面はありません。

しかも、先に紹介した、コンパクトタイプ2台の方が、大容量モデル1台よりも軽いのです。

また、

日帰りでは、1つ、一泊では2つなどと、分けて利用することができるので、ちょっとした日帰りの外出時に、重たい大容量モデルのモバイルバッテリーを持って行く必要がなくなります。

そして、

軽量コンパクトモデルと大容量モデルを両方購入して、使い分けるよりも購入するときのコストは安く抑えることができます。

■ モバイルバッテリー購入時の注意点

次に、モバイルバッテリーを購入するときの注意点を、ひとつ紹介します。

私は、マイクロUSBケーブルや、ライトングケーブルなどのケーブル類を、複数用意してあるので、気にならないのですが、

インプット用・アウトプット用ともに、充電ケーブルの付属の有無は、メーカーによって異なりますので、購入する場合は、確認が必要です!

ということです。

ケーブルがなければ、当然、充電することはできませんので、購入時には、ケーブル付属の有無を確認してから購入して下さい。

また、ケーブルも、急速充電に対応している最新のケーブルを使うようにしたほうがいいでしょう。

たとえば、マイクロUSBケーブルであれば、このように【急速充電・高速データ転送対応】のケーブルを購入しておくと安心です。

■ おわりに

スマホを外で使用するのに、もはやモバイルバッテリーは必需品ですね。

それだけ多くのことがスマホでできてしまう、ということの証拠です。

しかし、

スマホのバッテリーがなくなってしまうと、何もできなくなるので、最悪です。

ときには、モバイルバッテリーを使用しないこともあるかもしれませんが、あれば安心であることは間違いありません。

この記事も参考にしながら、あなたにとってピッタリのモバイルバッテリーを見つけてみて下さい。

また、この記事は、詰め込みすぎてわけが分からなくなってしまった、

→ 上高地の観光スポットをスマホのカメラで撮ってみた!一眼レフより自撮り棒?

から、モバイルバッテリーのことだけを抜き出して修正・加筆記事になります。

また、自撮り棒についても、自撮り棒だけを抜き出した記事にしていますので、よかったら参考にしてみて下さい。

→ 自撮り棒のおすすめ Tao Tronics (Bluetooth)を使用するときの注意点のまとめ

◆ 誰かの役に立ちそうだと思ったら、シェアして頂けると嬉しいです!